株式会社ワンワールド、Coincheckと提携してネットスーパー決済にビットコイン導入

公開日時: 2016/06/29 PM3:23 JST

touchmall1

株式会社ワンワールドは同社が運営するネット通販サイト、「Touch mall」での決済方法のひとつとしてビットコインの受付を開始することを発表した。

 

決済システムの導入に際してはビットコイン決済や取引所のサービスを提供するCoincheckと提携しており、決済時にはビットコインを請求するQRコードが表示されるようになっている。

 

 

Touch mallは買い物弱者(食料品など日々の買い物が困難な状況に置かれている人々)の生活を支えることをコンセプトとして2016年2月にサービスを開始しており、特に50歳代の顧客層がメインとなっている。品ぞろえは洗剤などの日用品から食品、ブランド品、電化製品などと幅広い。

 

今回同社がネットスーパーでのビットコイン受付に乗り出した背景には、先日仮想通貨関連法案の成立を受けて、仮想通貨が支払い手段の1つに位置付けられたことがある。

 

これまでビットコインは飲食店やコワーキングスペース、オンラインではビットコインアイテムの購入時事での利用が可能だったが、日常生活に必要な買い物までビットコインでできるようになると、利用機会が増え、より身近なものになるかもしれない。ビットコイナーにとってはいよいよ日本での「ビットコインしか使わない生活」が現実的になりそうだ。

この記事のキーワード