「これは便利!」 意外と多い、ビットコインが使えるところ

公開日時: 2016/07/19 PM4:00 JST

2016-07-14_101721

ビットコインや仮想通貨、まだ持ったことがない人や持ち始めたばかりの人は「どんなところでどんな風に使うの?」「国内でも海外でも使えるの?」など、ビットコインを使う場所について疑問に思うはず。ビットコインが便利なところは個人と個人で簡単にやりとりができることだが、実は、誰もが知っているようなところでもビットコインを使う、使えるケースはたくさんある。

 

たとえばアマゾンや楽天、iTunesなどでビットコインを利用することができるし、国によってはスタバ、バーガーキングやファミリーマートなどでも使えてしまう。そこで編集部ではシーン別にわけて有名なものを挙げてみた。

 

オンライン

アマゾン、楽天、DMM、iTunes、nanacoや、Expedia、PayPal…など

 

リアル店舗

国内:飲食店(店舗MAP関連記事はこちら)

海外:スターバックスバーガーキングファミリーマートサブウェイ…など

 

デビットカード

ビットコインのデビットカードを入手すると、VISA、MasterCardなどカード加盟店ならどこでも利用可能に

 

それぞれどうやって利用できるのか、下に簡単にご紹介する。紹介するのはほんの一例で、

これ以外にもビットコインが使える場所はまだまだたくさんある。こちらのビットコインMAPをチェックしてみよう。他にも海外でビットコインが使えるところはこんなサイトから見てみることができる。

 

Coinmap

https://coinmap.org/#/map/35.66228897/139.73495722/18

 

 

オンラインでビットコインを使う

 

コインギフトhttps://coingift.jp/

ビットコインやモナコインでamazonギフト券やiTunesカード、nanacoギフト、楽天ポイント、DMMポイントなどが購入できる。ギフトカードを入手したら、そのままネットショッピングを続けられる

 

Amatenhttps://amaten.com/

こちらもコインギフト同様、amazonギフト券やGoogle Playカード、iTunesカードなどが購入可能。

 

DMMhttp://cryptocurrencymagazine.com/dmm-accept-bitcoin

DMMポイントをチャージする際に、クレジットカードやPayPalなどと並んでビットコインが利用できる。

 

 

 

Touch Mallhttp://touch-mall.com/

上の写真、日用品や食品、電化製品、衣類などを総合的に扱うネットスーパー。支払いにビットコインが利用できる。

 

上は国内のサービスだが、海外ではExpediaやPayPalなどでもビットコインが利用できる。また、下のようなサービスもあるのでチェックしてみよう。

 

Purse.io (海外)https://purse.io/

Amazonの中で自分が欲しい物のリストをこのPurse.ioというサイトで公開すると、別のユーザーが代わりにその商品を購入してこちらのビットコインと交換してくれる。Amazonの表示価格よりも割安で商品を入手できることをサイトが保証している。

 

リアル店舗でビットコインを使う

 

国内でも東京都内を中心にビットコインの決済ができるお店がたくさんある。素敵なお店もたくさんあるのでチェックしてみたい。下は、銀座のお寿司屋さんの写真。

 

 

また、海外では超有名チェーン店でもビットコインが使えるところがちらほらある。

 

スターバックス(アメリカ)https://coffee.foldapp.com/

このFOLDというアプリを利用すると、ビットコインでStarbucksのバーチャルなギフトカードを購入できる(購入時にUSDに交換される)。アメリカのスタバ全店で利用可能。

 

バーガーキング(オランダ)

オランダのアーネム市内のBurger Kingではビットコイン支払いが可能。世界でもっともビットコイン・フレンドリーな市になろうという取り組みの一環。

 

ファミリーマート(台湾)

ファミポートの端末から操作して、商品をビットコインで購入できる。ファミポート端末でビットコインを購入することも可能。台湾のファミリーマート全店が対応。

 

ビットコイン対応のデビットカードを使う

 

自分のビットコイン残高と連携させたデビットカードも海外ではいくつか発売されている。これを利用すると、ビザカード、マスターカードなどの加盟店でどこでも利用できる。まだ海外のサービスしかないので利用する際にカードによって米ドル建て、ユーロ建てなどの選択肢しかない(円建てはない)点だけは注意が必要だが、これでビットコインが使える場所は一気に広がる。サービスはe-coinというところなど、いくつかある。

 

ここでは有名なところだけをご紹介したが、ビットコインが利用できる面白いプロジェクトもたくさん存在する。例えばビットコイン払いの動画配信サービスStreamiumや、ビットコインが利用できるオンラインショッピングプラットフォームOpen Bazaarなどがある。まだ新しいサービスなので利用する際には十分注意が必要だが、使える場所はこれからもどんどん広がっていきそうだ。