Joseph Lubin氏が語るイーサリアムフォークの背景

公開日時: 2016/08/04 AM6:30 JST

Lubin_header1

イベントで来日していたConsenSysのファウンダーであり、Ethreum Foundationの創設メンバーでもあるJoseph Lubin氏にイーサリアムハードフォークについてのお話を伺った。

 

【関連記事】
The DAO事件の経緯
イーサリアムハードフォーク

 

ハードフォークを支持した人の理由は様々

 

イーサリアムのハードフォークは無事に行われたもの、現在ETHとETC(イーサリアムクラシック)に枝分かれし、物議を醸している。フォークによってThe DAOの事件に終止符を打つことはできたのだが、これに至った最大の理由は何だったのだろうか。

 

Lubin氏はこの質問に対しては人によって様々な答えがあると思う、と述べながらもPoWからPoSへの移行に伴い犯人が大量のETHを保有している事が問題になるのではないかという質問に「PoWからPoSへの移行の妨げになるというのは大きな理由の一つです。Casper開発者の一人であるVladは悪意のあるハッカーの元にETHが全部渡ったとしても問題は無いと言っていますが、Vitalkの計算では状況によっては問題になりうるという結果が出ています。」と答える。

 

また、犯罪を許すわけにはいかないという主張もあるが、それについては「ETHが盗まれるのを阻止できたのは良かったとは思うが、ここに時間と労力を使っているべきではない」と、あまり大きな理由ではないと話した。Lubin氏がハードフォークが正当な手段だったと考える理由はイーサリアムコミュニティの生産性への懸念が大きい。

 

最大の懸念は生産性の低下

 

「私が懸念していた事は2つあり、1つ目はイーサリアムに関わる人達がこの問題のために膨大な労力を費やしていたことです。巨額のETHを巡ってハッカーの攻撃とホワイトハッカーによる反撃がいつまで続くかもわからない状態でしたし、これが数カ月、下手をすると数年に渡って続くとイーサリアム関連プロジェクトが進まなくなってしまいます。」

 

実際にTheDAOに直接関わっていないConsenSysもイーサリアム自体には問題がない事を説明したり、事件の解決策を考える手助けなどに時間を割いていたようだ。もう一つの懸念点としてLubin氏はハードフォークしなかった場合の規制当局への対応について述べている。

 

 

「大勢の資金がそのような状態にあることに目をつけられると、規制当局が捜査に乗り出す可能性もありました。既に当局に説明したケースもありますが、状況を説明するのには膨大な時間がかかります。今から世界中の規制機関がこれについて調べ始めることは無いと思いますが、もしハードフォークを行わなかった場合は関係者の生産性を劇的に低下させることになったでしょう。

 

The DAOを作った人達には説明責任があると思いますが、今回の事件はEtehreumプラットフォームの問題ではないにも関わらず、Vitalikやコアデベロッパー達が規制当局への状況説明にかかりっきりになってしまうという状況は良くありません。」

 

いつ終わるかも分からないハッカーとの攻防、そして多くの参加者のETHがこの様な状況にあることの説明に多くの時間が費やされると、本来のイーサリアム自体の開発やその上のアプリケーションの開発に遅れが出てしまう。まだβ版でこれからPoSへの移行やスケ―ラビリティの問題を解決していかなければならないイーサリアムにとって、ここで足止めをされるのは大きな痛手というのが同氏の主張だ。

 

ハードフォークしなかった場合の最悪のシナリオ

 

Lubin氏はこの他にもハードフォークをしなかった場合の悪いシナリオがいくつも考えられると語る。

 

「もしハッカーがETHを盗むことができたらネットワークに大量のトランザクションをブロードキャストして、他の取引が処理できないように妨害するDoS攻撃を仕掛けることだってできてしまいます。」

 

また、ハッカーの目的が合理的な経済活動をすることでなく、手に入れた大量のETHを使って価格を操作しようと考えていたり、イーサリアムをひどく嫌う人物である可能性も指摘する。

 

「ハッカーが取引所で大量のETHをショートして、ネットワークを攻撃し価格を暴落させて稼ぐことだってでき、さらには価格が戻るたびに同じことを繰り返すことができてしまいます。」と述べ、この他にもThe DAOを存在させておくことでまたハッキングが起きる可能性もあるとも指摘した。

 

犯人は謎に包まれたまま

 

The DAOをハックし、イーサリアムを真っ二つに分断するに至らせた今回の事件の犯人が誰なのかは全く分かっていない。

 

Lubin氏は犯人について「私たちが知っている人ではないと思います。…  知る限りでは犯人に心当たりがありそうな人もいないので、犯人は謎に包まれたままです。」と述べた。

この記事のキーワード