イーサリアム、再びハードフォーク

公開日時: 2016/10/14 PM2:40 JST

670x300_media_tec

イーサリアムがブログでハードフォークを行うことを発表した。

 

イーサリアムのブログには「ここ数週間イーサリアムが続けてDOS攻撃を受けたことにより、最近リリースされたパッチによって全体的な回復力は増しているものの、EVM(Ethereum Virtual Machine)のプライスモデルへの下位レベルでの変更が必要であることも分かった。多くのユーザーにとっての分かりやすい影響は取引の記録がなかなかブロックに含まれなくなっていることだ。」と書かれている。

 

この問題の解決策について以下のように説明されている。

 

1) 直近の攻撃による影響を最小限に留める一時的な方法として、全てのマイナーがガスリミットを500K にすることを推奨。

 

2) EIP150は2,457,000番目のブロックが来たらハードフォークによって実行される。

 

3) その後すぐに2度目のハードフォークが行われ、攻撃による”state-bloat”を元に戻す措置をとる。この2度目のフォークは空のアカウントを除くもので、コード、バランス、ストレージは無し、ナンス==0 だ。

 

10 月14日9:30の時点でイーサリアムのブロックは2,435,644番目、15秒ごとにブロック生成される計算で、あと88時間だ。

この記事のキーワード

参照サイト

メディア名:イーサリアムブログ

URL:https://blog.ethereum.org/2016/10/13/announcement-imminent-hard-fork-eip150-gas-cost-changes/