ジョン・ケリー氏が大使館職員のビットコインに関する研修について言及

公開日時: 2016/10/18 PM3:30 JST

670x300_media_finance_USA

アメリカのジョン・ケリー国務長官はシリコンバレーで行われた講演で米国の外交組織がデジタル化に備えてどのような準備を行うのかについて語った。

 

10月10日に開催されたVirtuous Circle Conferenceで、ケリー氏はアメリカ国外の大使館に139人のデジタル担当者がいることについて言及した。

 

これについて司会者は、「これらの海外勤務職員たちは経済や国際問題などについて研修を受けていると思いますが、それだけでなくビットコインやダークウェブについても国際法と同じ様に知っておかなければいけない時代に突入していると思われますか?」と投げかけ、ケリー氏は「まさにその通りだ」と返答した。

 

 

ビットコインやダークウェブに関するデジタル担当者の研修について司会者が「そのような研修を行う方向に向かっているのか」と訪ねたところ、ケリー氏はそのようなカリキュラムが作られていると述べている。またその他の職員についても、それらがどういうものかは認知されているようにしていると話している。

 

このコメントは現在の取り組みが完全に説明するものではないが、米国政府の職員がブロックチェーンの取り組みに対して考慮を行っているということは隠されてはいないようだ。

 

例えば、Blockchain Allianceと呼ばれるプロジェクトは政府職員に対する教育を促進しており、米国国土安全保障省はブロックチェーンプロジェクトに対する助成金を支給している。

この記事のキーワード

参照サイト

メディア名:CoinDesk

URL:http://www.coindesk.com/john-kerry-embassy-bitcoin-trainings/