ステート・ストリートがウィンクルボスETFの重要な役割を担う

公開日時: 2016/10/22 PM3:30 JST

670x300_media_finance_USA

米国証券取引委員会に提出された書類によると、ビットコイン取引所Geminiのファウンダーであるウィンクルボス兄弟のウィンクルボスビットコイントラスト(Winklevoss Bitcoin Trust)の管理及び移動エージェントとしてアメリカの大手金融機関であるステート・ストリート銀行が挙げられていることが分かった。

 

ウィンクルボス兄弟は投資家と仮想通貨マーケットとの接点を作るべく長期間にわたってETFをローンチしようと取り組んできている。

 

この情報によるとステート・ストリートは同投資信託がローンチした際の日々の管理と口座の帳簿の管理、トラストの純資産総額の管理等が役割となっている。

 

また、その他にも現在も続いている「コメント期間」中の質問に答える形での変更も加えられている。例えば、書類にはETFではプライベートキーを所有する証券管理機関を承認し所有者の変更ができるようになる特別なシステムを使うことが示唆されており、ウィンクルボスの書類ではこれがビットコインETFとの差別化になると強調している。

 

書類の詳細はこちらから確認することができる。

https://goo.gl/92Aldz

この記事のキーワード

参照サイト

メディア名:CoinDesk

URL:http://www.coindesk.com/state-street-winklevoss-bitcoin-etf-sec-filing/

関連する記事