トークンで遊ぼう!Indie Square Walletの使い方

公開日時: 2016/11/26 AM9:19 JST

いま、カウンターパーティーというプラットフォームを利用したトークンの取り組みが注目されている。ゲームSpells of Genesistakaraテレビ番組「ビットガールズ」などがトークン活用の例だが、今回はこうしたトークンを活用したゲームなどで遊ぶとき、事前にダウンロードしておくと便利なIndie Square Walletというスマホ用アプリをご説明する。

 

関連記事

・オリジナルトークンを発行しよう!

・トークンってどんなもの? Counter Party People ミートアップ!

 

Indie Square Walletは、ビットコインのウォレットと同様所有するトークンを人に送ったり、人からトークンを送ってもらったりするのに利用するものだ。下のアイコンの「受取り」のところを表示して自分のアドレス(QRコードの形になっている)を相手に見せることで、相手からトークンをもらえる。QRコードをタップすると、文字状の自分のアドレスをコピーできるのでメールなどで相手に送信することもできる。

 

 

トップ画面では自分がウォレット内に所有しているトークンを一覧で見ることができる。トークンの名前の下にある「i(小文字のアイ)」マークをタップすると、それぞれのトークンの総発行量やオーナーアドレス、保有者なども見ることができてしまう。Indie Square Walletではビットコインも管理、送受信ができる。

 

 

Indie Square Walletは取引所とも連携していて、どんなトークンがあるか検索してビットコイン建てなどで買い注文を出したり、手持ちのトークンの売り注文を出したりすることもできる。条件がうまくあえばトークンのトレードができるし、ここでどんなトークンがすでにあるのか検索して自分のオリジナルトークンを発行する前の参考にするのにも便利だ。

 

 

トップ画面の一番下に、「トークン新規発行」ボタンがある。ここをタップすると、自分だけのオリジナルトークンが発行できる。こちらの記事にもあるが、オリジナルトークンを発行するには先に0.5XCPをビットコイン建てで手にいれておく必要がある。また、すでに誰かが発行している名前のトークンは発行できない、アルファベットAから始まる名前では発行できない、など色々な条件があるので注意したい。

 

 
Indie Square Walletで自分のアドレスを作成したら、いろいろなところで公開してみるとオリジナルトークンをもらえるチャンスが増えるかも。他にも、ゲームSpells of Genesisで使えるカードをここで交換したりもできる。さっそくトライしてみよう!