ヨーロッパ最大の貿易港、ブロックチェーンの実験に参加

公開日時: 2016/12/03 AM8:30 JST

670×300_media_biz

オランダの物流業界団体のTKI DINALOGのプロジェクトの中で、ヨーロッパ最大の貿易港であるロッテルダム港、ABNアムロ銀行、デルフト工科大学などが提携して物流におけるブロックチェーンの実験を行うことがデルフト大学から発表された。

 

このプロジェクトでは2年間かけて、ブロックチェーンを使った情報インフラをかたちづくり、オペレーションや資金の流れ、契約などを統合させようとしている。

 

これはオランダの経済・農業・イノベーション省がブロックチェーンの研究機関「Blockchain Core Competence Center」を立ち上げるための取り組みを補完するものだ。

 

プロジェクトマネージャーであり、デルフト工科大学の准教授であるJohan Pouwelse氏は、「このプロジェクトはただ可能性について語るだけでなく、実際に行動に移すものだ」と述実際に物流の業界の中できちんと計画を立て現場でのテストまで行うものであることを語っている。

 

このプロジェクトには、デルフト工科大学、Windesheim大学、ABNアムロ銀行、ヨーロッパ最大のロッテルダム港、オランダの花市場Royal FloraHolland、フィンテック企業Innopay、物流プロセスにおけるデジタル署名サービスTransFollow、その他FBBasic & Cirmar、 BeScope Solutions、NBK, the SCF Community、TNO、Centric、Exact、 SmartPort等が参加している。

 

ブロックチェーンの物流への応用について語られることはあるが、このように大きな企業や機関を巻き込んだプロジェクトについて耳にすることは少ない。ブロックチェーンで物流プロセスがどのくらい効率化できるのか、貿易港、花市場、大学、フィンテック企業など様々な組織が参加するこの取り組みの結果がどうなるのかは興味深い。

 

【関連記事】

「ブロックチェーンは次の大きな出来事」、オランダの銀行ABNアムロのエグゼクティブが語る

ABNアムロがブロックチェーンでオランダの大学と提携