ビットコイン価格、3連休中も続伸 中国取引所が週末の相場を分析

公開日時: 2016/12/26 PM3:15 JST

670x300_media_china

22日に97,000円台から10万円台を突破する高騰を見せたビットコイン/円相場は、23日~25 日の3連休の間も続伸。23日には+6.01%上昇し、一時108,993円の高値を示現した。25日昼過ぎから売り圧力に押されるも盛り返し、週明け26日の本稿作成時点では106,000円台で推移している。2013年11月末以来、およそ3年ぶりの高水準を持続する形で週末を乗り越えた。

 

ビットコインの全取引量のおよそ8割強を占める中国でも、ビットコインの高騰は大きく注目された。中国の取引所Huobiでは、ビットコイン/人民元は22日に6,000元の大台を越え、24日には一時6,590元を示現して過去3年間の最高値を更新した。Huobiではこの高騰をすぐに報道すると共に、投資家にボラティリティの高さによるリスクのコントロールと、慎重な投資を呼びかけた。

 

Huobiのアナリストはこの価格高騰について「クリスマスイブを目前に、ロシア、トルコ、ドイツ、スイスなどで死傷者を出す凶悪な襲撃事件が発生しました。ヨーロッパでのテロの恐怖感が再燃したことでマーケットにリスク回避の空気が強くなってきている中、アメリカのトランプ大統領就任後金(ゴールド)の価格は下落を続けています。こうした状況が、ビットコインへの資金流入を促しているのではと見ています。」と話す。

 

またHuobiのCOO朱 嘉偉氏は2016年に中国国内のビットコインやブロックチェーンを取り巻く環境が変化した点を指摘し、中国の中央銀行がデジタル通貨やブロックチェーンの研究を始めたことを公表したことが国内のビットコインの認知度を高め、IT業界に携わる人以外にも為替や株などの投資を行っている人の中でビットコイン投資が普及し始めていることが価格上昇に大きく影響していると見ている。

この記事のキーワード