2017年フィンテック業界で求められる人材7つのタイプ

公開日時: 2017/01/04 PM3:30 JST

670x300_media_finance

2016年はフィンテックが言葉が注目され、金融機関による新しい取り組みやフィンテックスタートアップ企業の動きが毎日のように発表された。金融へのテクノロジー活用の動きは今後も継続し、フィンテック業界の成長が期待される中で今後さらにフィンテック業界で働く人材も必要となる。海外メディアeFinancail Careersでは2017年に企業が求めると思われるフィンテック人材が挙げられているので紹介したい。

 

2017年にホットな7タイプのフィンテック人材

 

・人工知能の専門家
AIを活用したフィンテックサービスが注目を浴びており、この分野で活躍できる人材のニーズが高まると予想される。過去にUBSでCIOを務めた経験を持つOliver Bussmann氏は「金融サービス業界で鍵を握るのはAIだ」「ロボット工学や機械学習が自動化を進めることになり、銀行は大学院卒のサイエンティストを求めスタートアップと人材の取り合いになるだろう」と述べている。

 

・データアナリスト
「マーケットには膨大な量のデータがあるが、多くの金融機関はそれをうまく集約し分析するためのツールや専門知識を持っていない」と債権情報を取り扱うフィンテック企業AlgomiのCEO、Stu Taylor氏は述べている。ビッグデータに関する専門性を持った人材も大手金融と小規模のFintechスタートアップの間を行き来することになると予想されている。

 

・金融領域のエキスパート
最高のエンジニアを集めて完璧なプロダクトを作っても、ビジネスを成長させるにはこれを金融機関にうまく説明できる人材が必要となる。Bussmann氏は「テクノロジーの専門知識と、金融業界の人達によく理解してもらえるように翻訳する能力を組み合わせるスキルは非常に重要だ」と述べている。

 

・サイバーセキュリティのプロ
金融業界では特にサイバーセキュリティが重視されるが、「予算があったとしてもよいセキュリティー担当者を採用するのは難しい」とDigital Shadows のCEOであるAlastair Patersonは述べ、当面金融機関やその他の組織でサイバーセキュリティ担当者を求める状況が続くことを示唆している。また、原文には無かったが、ブロックチェーン関連ではThe DAOの事件を受けて、スマートコントラクトのコードの審査といった面でのセキュリティ需要も考えられる。

 

・ビジネスエキスパート
多くののフィンテック企業はベンチャーキャピタルからの資金を調達しており、ビジネスケースや顧客・利用者へのパイプラインを構築することができるが、業界が成熟してくるにつれて生き抜くための営業の重要性が高くなる、と元Citiでマネジングディレクターを務め、現在はFintechのコンサルティングを行うHuy Nguyen Trieu氏は述べ、「フィンテック企業が大手金融機関と話を進めるにあたり、プロセスやノウハウを既に知っている事が鍵となる。」とも語っている。

 

・ブロックチェーンや分散型台帳に精通した開発者
日本でもFintechブームの中でブロックチェーンという言葉が多く聞かれたが、今後も実用化の可能性を探る実証実験が行われるだろう。2017年はブロックチェーンのハイプが頂点を超え、金融業界に革命を起きると語る人々が現実に目を向ける年になると一部では言われているが、それでも「分散型台帳のエコシステムを理解し、アプリケーションを構築できる人材は足りていない」とBussmann氏は述べている。

 

・新しく金融サービスに参入する企業も
Nguyen Trieu氏は大手のe-コマース企業が金融サービスのビジネスに近づいてくると考えており、テクノロジーに加え金融サービスの専門性が求められるとかんがえているようだ。彼は「現在新しく参入して成功しているのは中国の大手企業アリババグループのAnt Financial等、数少ないが、2017年はこのトレンドが加速するだろう」とは述べている。

 

日本でフィンテックやブロックチェーンに関わる求人も

 

もちろん海外だけでなく、日本でも来年の仮想通貨に関する法案の施行やフィンテックのさらなる成長に向かって様々なポジションが募集されている。

 

フィンテックや仮想通貨業界での仕事に興味のある方は各企業の採用ページを確認してみてはいかがだろうか。インターンやアルバイトからエンジニア、海外拠点のトップまで多岐にわたる求人が掲載されている。また、ビットコインミートアップやその他の勉強会やイベントに参加すると仮想通貨やブロックチェーンに関わる仕事についているビットコイナーに会える可能性も高いため、まだ参加されたことのない方は近くでイベントが開催されていないか探してみるのも良いだろう。(イベント情報はこちら)

 

以下はコインポータルで紹介したことのあるFintech・ビットコイン関連企業の中で本稿作成時点に採用枠が掲載されてれいる企業をピックアップしたものだ。(詳細については直接企業にお問い合わせください。)

 

・bitFlyer        関連記事採用ページ
・テックビューロ      関連記事採用ページ

・coincheck             関連記事採用ページ
・ビットバンク           関連記事採用ページ
・ジャノム                 関連記事採用ページ
・マネーフォワード     関連記事採用ページ
・Kyash                    関連記事 /  採用ページ

この記事のキーワード