Microsoft、2017年にExcelでビットコインのサポート開始を予定

公開日時: 2017/01/07 AM8:30 JST

670x300_media_tec

Excelでビットコインのサポートを予定

 

ビットコインの価格と知名度が上昇する中、マイクロソフトはExcelのモバイルとデスクトップ版にビットコインのサポート追加を予定している。

 

これは12月に更新されたOffice 365のロードマップで発表されたもので、マイクロソフトのエンジニア達は現在通貨タイプの一つにビットコインを追加しようとしており、正確な時期は不明だが2017年中にこの機能が使えるようになる予定だ。

 

Microsoftでアカウントエグゼクティブを務めるMartin Butler氏はビジネス向けソーシャルサイトLinkedIn上の投稿で「2017年、Excelは仮想通貨ビットコインでの数字を認識、フォーマット、計算、分析することが可能になる。」と述べている。

 

この変更はWindowsデスクトップ、Windowsウェブ、Android、そしてWindowsプラットフォーム全般で行われる。

 

その他のシーンでもビットコインをサポート

 

2014年の12月にMicrosoftのゲーミングプラットフォームであるXboxがMicrosoftアカウントでビットコインサポートを追加しており、ライセンスやゲーム内での購入に使用されている。Microsoftは3月にビットコインのサポートを除外したと述べたが、後にエラーであったと発表している。

ビットコインを受け入れられるようにしている決済処理業者BitpayはMicrosoftの売上を公開していないが、2015年の1月に「月に100,000以上のBitPayのインボイスを処理し、11月と12月に月間ビットコイン取引の記録を達成した。」と述べている。

 

この記事のキーワード