ビットコインやアルトコインの今年のトレンドは?

公開日時: 2017/01/08 AM8:30 JST

670×300_media_biz

まるでジェットコースターのようなビットコイン相場でスタートしたが、今年はどのようなトレンドが予測されるのだろうか。

 

分散型技術の企業家および投資家のグループであるBitAngelsを共同創設し、ブロックチェーン領域に焦点を当てたPRおよび戦略的マーケティングアドバイス企業Transform Groupを経営しているMichael Terpin氏が今年のビットコインやその他の仮想通貨のトレンドを以下のように予測している。

 

ビットコイン

 

1. 1%がついに参入する

 

Barry Silbert氏が彼のビットコイン投資信託となる手段を提供した際、ビットコインの価格はようやく100ドルを越える程度であったが、知識のあるファミリーオフィスらは早くも2013年からビットコインに投資していた。

 

このビットコインへの投資手段はGBTCとして公開され、正確にはETFではないが内在的に保有しているビットコインに依拠しており、事実ビットコインへのプレミアムで取引されている。(1株は0.1BTCに相当)金融情報サイトのSeekingAlphaは3月にそれを「今週の馬鹿げた投資」と呼んだがビットコインの価格もGBTCの価格もそれ以来2倍になっている。

 

2. ビットコインETFの登場

 

2014年1月のパネルディスカッションで、私はビットコインが主流となるために必要な3つのことのうちの一つは、NASDAQまたはNew York Stock Exchange (NYSE)のETFであると予測した。それによって株式の投資家は誰でも金や銀のETFを買うのと同じくらい簡単に利益を得ることができる。(残りの2つは50の州で使用可能なビットコインデビットカードとビットコイン交換所であり、それらはその年のうちに両方とも実現している)現在Winklevoss Bitcoin Trust (COIN)が上場に向けて動いている。

 

3. ビットコイン価格は現金と相関しながら上昇する

 

インドやベネズエラでは人々が現金を金や銀そしてビットコインのような有形資産に変換する方法を求め、国外への資金の移動の締め付け(中国)とハイパーインフレ(ベネズエラとほとんどのアフリカ)によって、ユーロや米ドルを購入できない国民は自国の通貨よりもゆっくりと価値の下がる何かを探すようになっている。

 

アルゼンチンでは一時期、価値の貯蔵のためにステレオ装置が購入されていた。中古の消費財とは異なり、ビットコインは実際に相場が上がる能力を持っており、DVDプレイヤーよりもはるかに流動性の高い資産である。

 

4. ビットコイン価格は引き続き上昇する

 

私の個人的な予想ではビットコインは2017年の終わりまでに2,200ドルに達する。もしある通貨が下落しその市場においてビットコインに向かう何らかの大きな動きがあれば更に高騰するだろうし、市場が安定していれば予測よりも低くなるだろう。12か月後のビットコイン価格が今日の価格よりも低くなると考えられるシナリオはほとんど考えることができない。

 

その他のパブリックブロックチェーンは

 

ビットコイン以外の仮想通貨についてTerpin氏はICOのトレンドが加速するのではないかと予想している。但し、真面目なICOが調達できる資金はは目標の最低額に近い金額となるが、シード段階の調達ではエンジェル投資家から資金を集めるよりも近道となり、 特に米国の規制当局は静観の姿勢を維持すると見ている。

 

さらに彼はこれまでのICOについて次のように振り返っている。

 

「トークンのクラウドセール(ICO/ イニシャル・コイン・オファリング)は、最初のアルトコインが現れてからおよそ2年後に始まった。2014年の6月にはイーサリアムが調達した資金の額と価格の上昇の両方においてICO市場における最初の大きな勝利者となった。

 

Maidsafe、Factom、そしてStorjもまた2014年にICOに成功している。Augurは2015年(ビットコインとICOの両方にとって活気の無い年)にICOを行って成功した数少ない企業の一つである。

2016年にはThe DAO、Waves、Lisk、FirstBlood、Golem NetworkそしてIconomiにはさらに大きな額の資金が集められた。ほとんどではないが、それらのいくつかはICOを通して上々のリターンを得ている(LiskとAugurはICOによって、2016年に取引を開始して以来最高の価格となった)。」

 

Terpin氏はICO-List.comに公開されている35プロジェクトのうち、少なくとも200のICOがローンチされ、合計で1億~3億ドル程度の資金が集まり、その中のトップ10はまとまった資金を手にするだろうと考ているようだ。

 

一方で必ずしも全てのプロジェクトがICOで資金調達を行うわけではないこと、昨年のThe DAO事件から学んだように、注意部各なることからさらなるイノベーションが生まれると述べいている。

 

最後にTerpin氏はプライベートブロックチェーンについても言及しているが、2017年も成長すると見ているものの、人材がパブリックチェーンの方に集まり、どの程度発展できるかが問題だと述べている。

参照サイト

メディア名:CoinDesk

URL:http://www.coindesk.com/blockchain-breakout-2017-will-keep-investors-brink/

関連する記事