アラブ首長国連邦、ヘルスケアにブロックチェーン活用の動き

公開日時: 2017/01/09 AM8:30 JST

670x300_media_biz

アラブ首長国連邦の大手通信会社duとヘルスケア企業のNMC Healthcareがブロックチェーンを使った電子的なヘルスケア記録の導入に向けて提携することが発表された。

 

Duは固定電話、携帯電話、テレビ等のサービスを個人及び法人向けに提供しており、NMCは病院やメディカルセンターの運営、医療関連商品の販売を行うUAEのヘルスケア企業だ。

 

この実証実験は昨年ドバイの政府によって設立されたthe Global Blockchain Councilに参加するduの取り組みの一環で、ブロックチェーンの技術はduが提携するエストニアのブロックチェーン企業Guardtimeによって提供される。

 

Duは発表の中で電子医療記録にブロックチェーンを活用することのメリットについて、ブロックチェーンがデータの整合性、安全性、そして患者と医療提供側の間の情報フローへの信頼をもたらすこと等を挙げている。また、NMCにとってはデータが100%確かなものとなり、NMCの病院やメディカルセンターであれば患者はどこでも相談することができ、シームレスな医療サービスを提供できることが可能になる上、医療記録のデジタル化は危機、病気、疫病の大流などの管理などにも役立てることができると期待されている。

 

Duの新規ビジネス・イノベーションを統括するCarlos Domingo氏は「血液検査やレントゲン等のほどんとの医療データは紙に記録されている。また、病院間でも患者のデータは共有されておらず、患者にとっても不便で医療を提供する側にとっても時間のかかるものになっている。全ての医療データをデジタル化し、ブロックチェーンに記録することで、病院間でデータを共有することができる。」と述べいている。

 

この実証実験の最終版は来年の上旬になるようだ。

参照サイト

メディア名:プレスリリース

URL:http://www.du.ae/about-us/media-centre/newsdetail/2017/01/03/du-nmc-blockchain