ナイジェリアのフィンテックシーンが拡大

公開日時: 2017/01/12 PM3:30 JST

670×300_media_other

月平均1億4000ドル超のトランザクションがある、ナイジェリアのモバイルマネー

 

フィンテック(Fintech、Finance×Technology)の進歩とモバイルマネーの普及で世界の注目を集めるアフリカだが、なかでもナイジェリアはアフリカにおけるフィンテック・イノベーションのリーダー的な存在となりえるポテンシャルがある。

 

ナイジェリアにおけるモバイルマネーのトランザクションは、2011年には月平均500万ドルだったところから2016年には月平均1億4280万ドルへと成長した。ほかにもナイジェリアが有望視される原因は、人口の増加(国連の予測ではナイジェリアの人口は2050年までにアメリカを追い抜くと見られている)と、強い起業家精神を持った優秀な労働力を持つことだ。

 

増え続ける人口と、たくましい起業家精神

 

グローバル・アントレプレナーシップ・モニターによって行われたアンケート調査では、ナイジェリア人の85%は自分が暮らす地域には起業する良い機会があると考えており、87%はビジネスを始めるために必要な技術と知識を持ち合わせていると考えていることが明らかにされている。加えて、2300万台以上のスマートフォンが普及し、1億5000万以上のアクティブなデジタル回線加入が示すように、モバイルの普及率と利用率は極めて高い。また、他のアフリカ諸国同様、ナイジェリアは伝統的な銀行業界の既存システムの制約が無く、そのことが新しい技術とソリューションの金融への導入を可能としている。

 

フィンテック業界の成長と、投資額の成長

 

アフリカのフィンテックに焦点を当てたベンチャーキャピタルであるIrrational Innovationsは、ナイジェリアにおける成長著しいフィンテック・エコシステムの分析を行った。これらは、過去2年間で2億ドルを超える投資を受けた50社以上の企業によって成り立っている。

 

ナイジェリアのスタートアップのうち約37%は決済・送金のカテゴリーに分類され、32%は貸与・融資サービスを提供している。残りの31%のスタートアップは2015年以前には存在しなかった新サービスに分類される。例えば、NairaExとNairaSwitchはビットコインの売買サービスを提供する企業だ。Casavaは顧客(人口の80%は保険未加入)にピア・ツー・ピアの保険サービスを提供するアフリカ初の企業になることを狙っている。また、資産管理、ビジネスソリューション、預金、バンキング、トレーディングなどいまだ開発初期段階の機関も多数ある。

 

評価額10億ドル超のスタートアップも誕生

 

今年、決済処理に携わるフィンテック企業Interswitchがナイジェリア初のユニコーン(評価額が10億ドル以上の非上場ベンチャー企業)となった。また、ナイジェリアではすでに数百万ドル規模のフィンテック企業が一般的になってきている。同国のフィンテック業界が成長し投資額が成長するにつれて、ナイジェリアはアフリカのみならずグローバルリーダーの一国として潜在能力を発揮するようになるかもしれない。

参照サイト

メディア名:finextra.com

URL:https://www.finextra.com/pressarticle/67524/nigerian-fintech-scene-expands